スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

神社と自然の織り成す風景2014-09-25(Thu)

今年は例年に比べ台風少なめ、残暑も控えめ。
こんな夏の終わりは何年ぶりなんだろう。

おかげで、神社好きな私としてはとても楽しみにしていた
宮崎旅行も台風でつぶれることなく、満喫することができた。


都濃神社
九十九里にも似た、緩やかな海岸線が続く日向灘の真ん中にある
ちょっとした休憩ポイント 都濃町
そんなのどかな町にこれほどまでに立派な神社があるとは。

P8170104.jpg

それもそのはず。
この神社、なんと日向国、つまり広大な宮崎県を統べる神社、
「一宮」であった。

P8170107.jpg

かつて航空戦艦「日向」が艦内神社として御分霊を祀ったという。
その名残か、神社ではめずらしく「海上安全守」があり、自分も賜って帰った。

DSCF6439.jpg



天岩戸神社

宮崎県北部の美しい山なみの中にひっそりとたたずむ神社。

P8180126.jpg

古事記の舞台で、天照大神が隠れたという伝説の岩戸(洞窟)が祀られている。
渓谷沿いの美しい自然の中にあることもあり、川のせせらぎが耳に心地よく、空気がとても綺麗。

P8180118.jpg

トトロを連想させる灯篭。
ちなみにここの岩戸を神様がブン投げて、落ちた場所が長野県の戸隠ということらしい。

P8180132.jpg



高千穂神社

高千穂といえば、ダイナミックな高千穂渓谷。

P8180166.jpg

そして、高千穂神社の夜神楽。
昼間はひっそりとたたずんでいる山の上の境内。

P8180173.jpg

しかし夜になると参道にはかがり火。
その先には外国人も大勢詰め掛ける神楽殿。
きっぷ売りのおばちゃんとフランス人の英語の会話にヒヤヒヤしながら順番を待つ。

P8180169.jpg

古い木板の床の神楽殿に、老若男女、多国籍がお行儀良く詰めあって座る。
なんとなく、中学校時代の林間学校の夜にあったオリエンテーリングを思い出す。

そして始まった夜神楽。

P8180194.jpg

高千穂周辺の集落が輪番で神楽を奉納しているとのこと。
舞いの背景や神社の作法など、とても面白おかしく説明してくださり、
ダイナミックな笛と太鼓に合わせた天岩戸伝説の神楽にも、すぐに引き込まれていった。



今回、宮崎旅行をするにあたり、観光にはあまり期待していなかった。
「るるぶ」を買っても、表紙には「スピリチュアルな旅」という文字が大きく掲げられて
ウーン、食べ物は美味しそうだけど、これといった観光資源はのどかな自然くらいかなぁと半ばあきらめていた。

けれど、実際現地に行って、色々と情報収集や寄り道をすると思わぬ発見がたくさんあって、
正直横浜に帰る前には、また来年も行きたいくらいになった。

ここには書ききれないけれど、今回の面白い発見。

・高速道路を走行中に真上を新田原のF-15がタッチアンドゴー訓練。
 わき見注意の看板にはブルーインパルス。

・都濃町の畑の中に突如現れたリニアモーターカーの高架線路。
 今は廃止となりソーラーパネルがびっしり。

・お土産の地鶏焼きとは違う、居酒屋メニュー限定の柔らかジューシーな「モモ焼き」

・自動車は基本的にとってもマナーが良い。丁寧すぎるくらいゆずり合う。
 地元の人も礼儀正しいひとが多く、譲り合いやあいさつが多い。

・山の上を走る国道バイパスを離れ谷底まで降りてみたら、そこに素敵な温泉郷が。
その名も「日之影温泉」。コンパクトで昭和の田舎町のようなホッとする街並み。



宮崎グルメは、チキン南蛮や地鶏焼き、マンゴーはもちろん堪能したけれど、
意外だった美味しい発見が3つ。

「ふぐ丼」
P8170080.jpg

 都濃は地元のシロサバフグで作ったふぐ丼がご当地グルメとのこと。街中の食堂で食べることができる。
 これがモチモチさっぱりなフグと梅や紅葉おろしのタレと合い、美味しいのである。


「うな丼」

P8170087.jpg

 中国産うなぎがどのように飼育されているか知ってしまってから、めったにうなぎを食べなくなった。
 しかし国内産というなら別のはなし。しかも地元産が地元価格で食べられるのだから、もう。
 ふっくらな身の部分と、カリカリに焼けた端の部分、甘辛濃厚なタレの香り。
 半年振りのうなぎ。幸せすぎる時間。

「辛麺」

DSCF6471.jpg

 宮崎ご当地ラーメン。名前のとおりのビジュアルに、早くも汗と唾液がじんわり。
 しかし、辛さは段階で選べて、辛いものが苦手な自分でも三辛がちょうどいい。
 唐辛子のスープに金糸卵と大量のニラ、ニンニク。
 これがとても合うのである。しかも材料は地元産。ご当地感とあいまって、また食べに行きたいメニューになった。
 残念ながら関東には無い。



今回の宮崎旅行は、神社、グルメ、自然。どれも大満足。
それに加えて宮崎空港を堪能できたということもうれしいイベントだった。

P8190242.jpg

来年とは言わないまでも、またそのうち訪れたい、ゆったり楽しく、ホッとできる場所。


2014年8月 宮崎県



※これまでに訪れた一宮。
相模国一宮 「寒川神社」(神奈川県寒川町)
伊豆国一宮 「三嶋大社」(静岡県三島市)
下総国一宮 「香取神宮」(千葉県香取市)
常陸国一宮 「鹿島神宮」(茨城県鹿嶋市)
陸奥国一宮 「鹽竈神社」(宮城県塩竃市)
安芸国一宮 「厳島神社」(広島県廿日市市)

あなたはいくつ訪れたことがありますか



Comments(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。