SNOW EXPRESS2014-02-22(Sat)

何となくわかってはいたのだが、甘かった。

朝5時半に起きて、まずバスが動いているか「バスいまどこ」というアプリで確認。
自分の家の近くを通っているバスは...

 「神奈中バスは現在全路線で運休しております」

まあ、なんとか駅まで歩いていけば40分くらいで着くはず。

さて次に「乗換案内」で検索。
自然災害でもめったに止まらない強固な保線能力、そして人身事故でも驚異の速さで復旧する
最強の私鉄、われらが「京浜急行」は...

 「始発から全線運転見合わせ中」

最悪なことに雨も降って雪の坂道を傘をさして歩くという行為は非常に危険だ。
しかし、とにかく駅までいかねば

そして編み出した答え。
冬山仕様、全身ゴワテックス、トレッキングシューズ、登山用ザックに暖かいお茶をポットで。

駅までの道。雪にのみこまれている街、道路で乗り捨てられ雪に埋まっている車。
バスも通っていない大通りを一台の雪上車が悠々と走り去る。
その車体の後ろにあるのは三菱のマークと「DELICA」のエンブレム

駅に着く。
電車の時刻掲示板には「雪の影響で現在も運転見合わせ」の文字がグルグルまわったままだ。

山手線も動いていない状況で、最終手段が一つだけある。

ほとんど使うことはないが、上大岡には市営地下鉄があるのだ。そして大雪の今も余裕で地下を走っている。
それで新横浜まで行き、一部区間徐行だが日本最強の保線を誇る新幹線で東京へひとっ飛び、そこから歩いて職場へ。

やっぱり新幹線は高いが仕方ない。最終カードを使うか。と思ったその時、京急の改札に動きが。
近づくとアナウンスが聞こえてくる。

 只今ホームに停まっている電車を急行運転で品川まで運行させます。この後の電車は現在のところありません。
 また途中の駅で運転を見合わせる可能性もあります。すぐに発車します


途中で停まるかもしれない危険な賭けだ。けれどもここは私鉄最強にかけた。

ホームへ駆け上がる。急遽発車が決まった特急列車がそこにあった。
この瞬間胸がドキドキした。まるで銀河鉄道999だ。

急いで飛び乗ると同時に発車のベルが鳴る。車内はガラガラ。
まるで救世主のように真っ白な世界へ走り出す、特急列車。

川崎を過ぎるころには山手線も動いていることが分かり、ひと安心。
これで有楽町までつながった。行ける。
職場にメールを入れ、早起きして雪道を歩いた分をウトウトしながら充電する。

日比谷公園を通ると、素敵な雪景色が歓迎してくれた。

DSCF4036.jpg



DSCF4041.jpg



DSCF4050.jpg





定時より余裕をもってに職場に到着。さて、ここからが本番、25時間がんばろう。

明日また、お気に入りのあのカフェの、美味しいカフェモカを楽しみに。

DSCF4061.jpg


2014年2月 日比谷公園

Comments(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る