スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

風車のサイクリングツアー2012-03-10(Sat)

ウインドタービンとは、風力発電機。つまり銚子でグルグルまわっている風車のことなのです。


さてさて、もう1つの趣味であるサイクリングで銚子~旭にかけての風景を紹介します。

サイクリングと言っても、ドロップハンドルのロードバイクにヘルメット、ピチピチのウェアを来て車道をシャカシャカ走る系ではなく、
T字ハンドルのクロスバイクでキャップを被り、わき道をのんびり走る「ポタリング」系です。

ポタリングのいいところは、車やバイクのだと行く機会の少ない、地元の人の生活圏の風景をゆっくり楽しめ、
穴場的なお店(私の場合大概パン屋さんですが)や旧跡や公園などに出会えることです。

今回も自分的に嬉しい小さな発見がいくつかありましたので、紹介しますね。



愛車のクロスバイクのペダルを漕ぎ出し、銚子の市街地から離れ、幹線道路を一歩外れると一面の稲田が広がります。

P9062935.jpg

農家の人が植えたのだと思いますが、大体どこの田んぼの脇にも色んな綺麗な色の草花が植えてあり目を楽しませてくれます。

P9062923.jpg

ん?よく見ると花の下で休憩中のお客さんが...

P9062943.jpg

農業用水路沿いの小道から山間の道に入ると、竹林にひっそりと囲まれた「等覚寺」という小さなお寺があります。

等覚寺


いくつかの坂道を超えると総武本線とぶつかりました。
特急で通過するとあっという間に通り過ぎてしまう、かわいい陸橋を発見。

P9062933.jpg

橋をくぐり坂道を降りると、木に囲まれた家々の軒先を用水路が流れています。

そして用水路の内側に入る道路へ入ると、小高い丘の上に神社。

大山大神

大山大神という神社。昨日の雨と北側の日陰ということもあり、急な階段にはコケがいっぱい。

案の定、ズルッと滑って大コケ!
ザザーッと五段くらいすべり落ちて何とかストップ。イテテテ 超かっこ悪いヨ。

ケツをさすりながら、気を取り直し歩くと神社のすぐ近くの公民館に案内板。

P9062951.jpg

なるほど。戦国時代の海上家のお城の跡でしたか。
神社はお城の一部、用水路は内堀の名残、そして等覚寺は海上家の菩提寺だったそうです。

詳しく調べた方のページ 下総・中島城(城郭放浪記)

情報ありがとうございます。海上氏は戦国時代に北条家と共に滅亡したんですね。せつない...

さてさて、中島城跡を後にして自転車をこぎ進むと、森の上に風車発見。

P9062955.jpg

P9062963.jpg

再度、総武本線とクロス。

P9062959_20120310165044.jpg
この線路、どこまで続くんだろう...(銚子です。)

P9062965_20120310165043.jpg

真っ青な秋の空。実にサイクリング日和♪

しばらく行くと猿田駅。付近に大きい鳥居があるので進んでみると

P9062982_20120310165043.jpg

猿田神社です。銚子市民の代表的な神社で七五三とかもここでやるとか。大きくてきれいです。
しかも小高い丘の上にある神社に続く参道の下は、鉄道のトンネルになっており、とてもユニーク。

長い坂を下りきると、そこに広がる一面の金色。ついに旭市に到着。

P9063020.jpg

旭市といえば何と言っても、見渡す限りの広大な稲田ですよね。
総武本線からも少し見えますけれど、車や自転車で広域農道を走るとスケールが実感できます。

夏が終わり、秋の入り口の九月。道端には夏のヒマワリ、秋のコスモスが入り乱れて咲いています。

P9063013.jpg

P9063018.jpg

そろそろ、夕方。サイクリングも銚子向け方向転換。

銚子の風景といえば、これも有名ですよね。

P9062992.jpg
広大なキャベツ畑。

そして、夕日が落ちるころ、銚子イオンのあたりまで戻ってくると、出迎えてくれた風車たち。

P9063036.jpg

風車を見ると、あー銚子に帰ってきたと実感するようになってきました。

銚子のきれいな風景、まだまだありますので、また紹介していきますね。

PA073586_20120311121837.jpg

最後まで見てくださりありがとうございます。

  ういんど・たーびん

Comments(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。