スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

RJTA1216(前編)  厚木の魔金2012-03-05(Mon)

厚木には魔物がいる。
巨大蜂や、うろつき幽霊、鷹の目玉などの外来モンスターが、時々姿を現しているという。

その魔物を追う名ハンターの一人に今回狩りに連れて行って頂きました。

師は厳しい表情で重い口を開く。

 「今日は、金曜日。ハンターの間では「魔の金曜日」と呼ばれています。
  外来モンスターは、全く姿を現さないことが多いんですが、もしかすれば...

  あなたのビギナーズラックで何か引いてくれるかもしれません。
  ただ、魔金なので外来種は徒労に終わるかもしれませんが、地元種は一年を通して安定して狩れると思いますので。」

いや、どうせなら外来種のレアな魔物を狩りたいです!!師匠!

まず北側の最初の待ち伏せポイントに配置完了。
生息地域の方を遠くを見渡すも、魔物の姿おらず。オライオンと呼ばれる地元の渡り鳥が羽を休めている。

 「しょうがありませんね。魔金ですから。どうしますか。ポイント変えてみましょうか。」
 「どうせなら、今後の狩りの下見にポイントを全部確認したいです。」

そして、師匠とともに第二の待ち伏せポイントである森の中に歩いている途中。
遠くで轟音が鳴ったかな?と思った数秒後...

  ゴゴゴォォォォォォ!!!!

森全体が爆音に。けれど木が生い茂っていて空が見えない。「移動が裏目にでましたね」舌打ちする師匠。

通り過ぎたのはどうやら一羽のようだ。「一羽だけというのもよくあることですが、念のためポイントへ急ぎましょう」
師匠と待ち伏せポイントである森の斜面で、息を潜め、各々の武器を構える。

師匠は上級者用連射狙撃銃「7D」。
自分は初・中級者用装備である「60D」に超遠距離400ミリバズーカ。

通り過ぎた男性から「来るの遅いよ」と言われるも、次のチャンスを信じて空を見つめていた時

また遠くで轟音、でもさっきと違う鋭さがあるような。

 「来ました!」

すかさずグリップを持ち直す。ファインダーの中に入ってきたのは

IMG_6819.jpg

出た!巨大蜂「F/A18E スーパーホーネット」!!
しかもなんか色が違う。

「隊長機ですよ!魔金、ビギナーズラック引きましたね!」
爆音の中、師匠も興奮気味に空に向かって連射する。轟音は更に近づいて来る。

IMG_6908.jpg


隊長機に続いて巨大蜂が二機同時に離陸!
遠くでターンして海の方へ向かう蜂達。しばらく訪れる静寂。うまく射止めただろうか。
興奮で手が震えていたのは間違いないが、優秀なシグマの手振れ補正が効いてくれているはずだ。たぶん…

後から飛び立ってきた渡り鳥「オライオン」もファインダーに収める。
軽やかなターボプロップのプロペラ音が耳に心地よい。

IMG_6915.jpg


そして朝の最後、とびっきりの轟音と共に目の前を飛び去る巨大蜂。
ん?またなんかカラーが違うみたいですけど。。。

IMG_6934.jpg


「違うチームの隊長機ですよ。まったく今日という日は!魔金のスペシャルラッキーデーじゃないですか。」

どうやら、スーパービギナーズラックを引いてしまったらしい...
(つづく)

Comments(2) | 未分類

Comment

全く、この日は・・・!

イキナリの隊長機#200、チッピーのセクション上がり、そしてチッピー親分#400。
しかも、ちゃんと射止めてる!(悔し涙)

・・・凄い日でしたね。
うぃんどたーびん氏には、何か凄いモノが「憑いてる」・・・、
もしくは「持ってる」に違い無い!と確信した日でもありました。

2012-03-06 16:32 | URL | ゆかりん [ 編集]

それまでは、隊長機がド派手なカラーリングしているとは知りませんでしたが、
運よく出会うと当たった感がすごいありますね!

ジャスピンかどうかはわかりませんが、動きものうまく撮れると
カメラが可愛くてしかたなくなります。

2012-03-06 22:48 | URL | ういんどたーびん [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。