スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

リアル・モンハン2012-06-20(Wed)

出張中の塩釜。

せっかく週末をこちらで過ごすので、刺激的な東北ホリデイを☆

ということで選んだのが、

  温泉地で沢歩き

というもの。

宮城県と山形県の県境に近い山中の無人駅「奥新川」から、作並温泉までのハイキングコース。




当日は雨。山歩き装備に上下カッパの完全装備で奥新川駅に着くと、下車したのは自分ら二人。

いくら雨とはいえ、一応の観光コースでしかも土曜日でしょ!と思ったが、その理由が後でわかった。




駅を降りるとすぐに山道入口。そして霧雨の静寂の中、山道を進むとそこに看板が。

IMG_3448.jpg


民家はもちろん、すれ違う人さえいない山の中で、この看板はやヴぁい...

携帯は圏外。

しかも、出没注意じゃなくて「居ます」...(汗

そんな中にハイキングなんてしたら、生身でサファリパーク歩くようなもんじゃないか。



とは思いつつ、やっぱり来たからには滝も見たいし、リアルなモンスターハンター気分で楽しんじゃおうなんて

冗談を交わしつつ、シビレ肉ならぬチョコパンをリュックから出し、すぐに投射できるようポッケに入れ直した。




しばらく行くとなんと、「がけ崩れのため通行禁止」の看板。

しかたなく、別ルートで山道を下りはじめる。


この季節、明るい黄緑色の新緑がとってもきれいだ。

IMG_3385.jpg





小さな吊り橋を渡り、木々に囲まれた川沿いを歩く。

水分を吸収して、しっとりとした木々や新芽の美しい。

IMG_3418.jpg




途中、クマに合わないよう、ドキドキしながら手をたたいたり、大きな声でしゃべったり、チョコパンを握りしめながら歩く。


そしてようやく小さな滝に出会った。

IMG_3470.jpg

滝から放出する微風と小さな水の粒々を顔に感じて、マイナスイオンをたっぷり補給。



道標によると、もうすぐ車道があるらしい。ここまでくれば、クマも出て来まい。

安堵しながら、ポッケからチョコパンを出して食べる。



ふと視線を落とすと、河原の小石の間から小さな芽が可愛く顔を出してした。

IMG_3544.jpg


その後たどり着いた小さな温泉旅館で、冷えて疲れきった身体をゆっくり温めた後、お蕎麦とビールでHPを全回復したのだった。

Comments(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。