震える山 2016-08-31(Wed)

八月末 台風が近づく富士の裾野

天気予報は昼過ぎから雨。しかも所により一時強く降るらしい



演習場に着いたときは既に満席 仕方なく案内された通路に陣を構える



前半は装備品である各車両・航空機等の紹介
後半は敵を想定した総合演習。

まず最初は自走砲部隊





203mm自走榴弾砲










160830-27.jpg

99式自走155mm榴弾砲








160830-04.jpg

87式偵察警戒車








160830-25.jpg

96式装輪装甲車








160830-24.jpg

後部ハッチが開き、展開する隊員
よくベトナム戦争映画とかで、体長が「GO!GO!GO!」と叫ぶシーンだ









160830-22.jpg

89式装甲戦闘車









160830-15.jpg

87式自走高射機関砲
通称「ガンタンク」








続いて真打登場!戦車部隊

160830-13.jpg

74式戦車








160830-10.jpg

90式戦車 (キュウマル)









160830-09.jpg

10式戦車 (ヒトマル)










最後にヘリ部隊

160830-21.jpg

AH-1S(コブラ)









160830-17.jpg

AH-64D(アパッチロングボウ)









160830-07.jpg

UH-60J









160830-08.jpg

CH-47









15分間の休憩

この隙にお土産の10式ボールペンと戦車まんじゅうを購入。

記念ワッペンも買いたかったのだけど、2200円もするので断念....




後半戦。 離島奪還作戦開始



160830-05.jpg

偵察警戒車が敵陣地に潜入









160830-18.jpg

アパッチの機関砲が乱れ撃ち、バラバラと落ちる薬きょう









160830-16.jpg

高速で移動する敵航空機にも食らいつく精密な射撃









160830-19.jpg

陸・空連携で敵を制圧









160830-11.jpg

絶対強者90式戦車部隊









160830-06.jpg

チヌークから展開する高機動車 展開と同時に左右の射線をカバーする隙のない動き









160830-03.jpg

74式戦車が草むらの影から敵を捕捉 次の瞬間










160830-02.jpg

爆ぜる105ミリライフル砲










160830-14.jpg

空気が割れ、山が震える










この後、演習場周辺は豪雨に見舞われ、最後のフィナーレは雨と途中で席を立つ人々に阻まれる結果となり
気が付いたら終了していた


この後も5分とかからないバス停までの道が、小さな川のような泥道に姿を変え

来場者数万人が土砂降りの中、二時間かけてその道を歩く

まさにサバイバル行軍を経験することができた。


2016年8月 東富士演習場



Comments(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る