スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

蕎麦の季節2016-08-19(Fri)

8月

今年の夏休みは蕎麦とワインと天然エアコンを求めて中央道に乗る

真田丸の舞台、上田より少し東の八ヶ岳山麓へ





小淵沢ICに降り立つと車の外気温が30度を表示。都内より少しマシになったのかな



のどかな山麓の景色にほっと一息

横浜を5時に出発した甲斐があって、渋滞もあまり気にせず国立府中から2時間で来れた



山梨・長野といえば、やはり蕎麦でしょう。蕎麦大好き!


夜勤明けのランチに行く立ち食い蕎麦は、いつも戸隠産蕎麦粉のお店だし

そばの風味とワサビとの組み合わせが好きなので、冬でも もりそばや冷やしおろしそば派



160819-4.jpg




早速、小淵沢から近いこのエリアの一番人気店「翁」に向かう

山の中のアップダウンや急カーブをいくつも抜けて行く


やっとこさ、森の中にあるそのお店に着くと、森の中のお店の前に...大行列  チーン



そばは長い時間待って食べるものではないというポリシーを持っているので

こんなこともあろうかと、第4候補まで準備している


160819-1.jpg



第二候補は次の目的地「清里」にほど近い「さかさい」。

これまた国道からペンション地域の深い森の中の一本道へと入っていく



車一台しか通れない、おそらく道であろう轍をたどり森の中を進む

もう引き返そうかと思った頃に一軒のログハウスが出現


160819-5.jpg


メニューを見てみると...なにっ 蕎麦のメニューが「ざるそば」「鴨せいろ」のみだとっ!

調理場にいるであろう、頑固おやじのこだわりを感じる。 天ざるを食べようかなと思っていたところにこの展開

いいですよ、いいですよ。そういうこだわり大好きです




鴨せいろはそれ程興味がなかったので、やはりここは蕎麦の風味が楽しめるざるで



ここのお店もギリギリ空き席に滑り込んだものの、次々とお客さんが来て

あっという間にお店の外に行列ができている




丁度タイミングが良かったとホッとしながら待つこと15分

運ばれてきたヤツを見て少し驚いた

160819-3.jpg

結構な山盛りではないか。


早速何もつけずに口に運ぶと蕎麦らしい風味と手打ちの程よいコシ。

本わさびも香りがよく漬け汁も辛すぎない、絵にかいたような美味しい蕎麦だ。





ちなみにここの2大看板メニューのもう一方である鴨せいろを味見してみると...

カモ感ハンパない!


美味しいざる蕎麦を食べに来たのに、その意思を打ち砕くレベルの

とても濃厚な鴨の出汁に、ふんだんに使われている柔らかな鴨肉。




残念ながら写真も失念するくらいの驚きだったので、食べログ参照ということで。

さかさい(食べログ)


160819-6.jpg


八ヶ岳旅行第2弾につづく



Comments(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。